• 薬師瑠璃光如来・日光菩薩・月光菩薩、一切衆生無明疾病救済、福徳利楽

    2020

    薬師如来『ウィキペディア(Wikipedia)』参照:薬師如来(やくしにょらい、梵: Bhaiṣajyaguru[1]、バイシャジヤグル)、あるいは薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)は、大乗仏教における如来の一尊。大医王、医王善逝(いおうぜんぜい)とも称する。 三昧耶形は薬壺、または丸薬の入った鉢。種字は尊名のイニシャルのバイ(भै、bhai)[2]。 薬師如来が説かれている代表的な経典は、永徽元年(650年)の玄奘訳『薬師瑠璃光如来本願功徳経』(薬師経)と、景竜元年(707年)の義浄訳『薬師瑠璃光七佛本願功徳経』(七仏薬師経)であるが、そのほかに建武~永昌年間(317~322年)の帛尸梨蜜多羅訳、大明元年(457年)の慧簡訳、大業11年(615年)の達磨笈多訳が知られている。 薬師本願功徳経では、薬師如来は東方浄瑠璃世界(瑠璃光浄土とも称される)の教主で、菩薩の時に12の大願[3][信頼性要検証]を発し、この世門における衆生の疾病を治癒して寿命を延べ、災禍を消去し、衣食などを満足せしめ、かつ仏行を行じては無上菩提の妙果を証らしめんと誓い仏と成ったと説かれる。瑠璃光を以て衆生の病苦を救うとされている。無明の病を直す法薬を与える医薬の仏として、如来には珍しく現世利益信仰を集める。

  • 普賢菩薩

    2020

    『ウィキペディア(Wikipedia)』参照: 普賢菩薩(ふげんぼさつ)、梵名: サマンタバドラ (समन्तभद्र [samantabhadra]、蔵: ཀུན་ཏུ་བཟང་པོ་ [kun tu bzang po])は、大乗仏教における崇拝の対象である菩薩の一尊。文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍として祀られることが多い(参照:釈迦三尊)。法要では四七日の仏とされる。 三昧耶形は剣、五鈷杵。種子(種子字)はアン (aṃ)。 梵名のサマンタバドラとは「普く賢い者」の意味であり、彼の世界にあまねく現れ仏の慈悲と理智を顕して人々を救う賢者である事を意味する。また、女人成仏を説く法華経に登場することから、特に女性の信仰を集めた。密教では菩提心(真理を究めて悟りを求めようという心)の象徴とされ、同じ性格を持つ金剛薩埵と同一視される。そのため普賢菩薩はしばしば金剛薩埵の別名でもある金剛手菩薩(こんごうしゅぼさつ)とも呼ばれる

  • 奇跡の存在

    2020

  • Messiah in Paris

    2020

  • 龍神の舞い

    2020

  • 龍神・不死鳥富士山へ

    2020

  • 龍神・不死鳥富士山へ

    2020

  • 無償の愛

    2020

  • 高次元の光

    2020

  • 龍神&不死鳥富士山へ

    2020

  • 夫婦龍神

    2020

  • 龍神&富士山

    2020

  • 奇跡の富士山

    2020

  • 十一面千手千限観世音菩薩人類救済・地球救済)

    2020

    2020.8.26 wed.- 9.27 sun.佐藤皇季展 東京都町田市:西山美術館個展出展作品 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ、梵: सहस्रभुज、[sahasrabhuja][1]、サハスラブジャ)は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。 「サハスラブジャ」とは「千の手」あるいは「千の手を持つもの」の意味である。この名はヒンドゥー教のヴィシュヌ神やシヴァ神、女神ドゥルガーといった神々の異名でもあり、インドでヒンドゥー教の影響を受けて成立した観音菩薩の変化身(へんげしん)と考えられている。六観音の一尊でもある。 三昧耶形は開蓮華(満開のハスの花。聖観音の初割蓮華と対をなす)、蓮華上宝珠。種字はキリーク(ह्रीः hrīḥ)[2]。 眷属として二十八部衆を従える。

  • 赤龍神・黄金龍神富士山へ

    2020

  • 無償の愛

    2020

  • 偉大なる叡智(SomethingGreat).jpg

    2020

  • 無償の愛

    2020

  • 無償の愛

    2020

  • 阿弥陀如来

    2020